NEWS

MESSAGE

新図書館棟の建築にあたって
青山学院大学 学長 阪本 浩

 青山学院大学は、青山キャンパスに新図書館棟の建築を計画しています。
 かねてより構想されてきた新図書館計画は、キャンパス再開発構想の一部としても位置づけられた事業で、現在の4、5、6、10号館所在地のスペースに建築を予定しております。
 新図書館では、利用者の学習・研究・教育支援を総合的に実現することが目標とされ、そのために必要な図書館機能についての検討が重ねられてきました。その結果、「学生本位の図書館」という視点に基づく学習空間や支援の
提供、本学の教育研究基盤を支える学術資源の拡充、研究活動に資する環境の整備などを具現化するためのゾーニングや施設・付帯設備を取り入れた建築計画が進行しています。
 完成を2024年に予定しておりますが、今後新図書館を様々な研究・学習活動の拠点とし、青山キャンパスにおいて大きな役割を果たす中核施設の一つにして参りたいと考えております。

青山学院大学 学長 阪本 浩

建築概要

  • 収蔵冊数150万冊
  • 座席数2000席

外観

  • 正面

    ※イメージ図

  • 17号館側より

    ※イメージ図

  • 3号館側より

    ※イメージ図